<   2008年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧
鳥たちの楽園
b0133924_1904722.jpg
鳥たちの楽園があると聞いたことがあるよ。
そこに行けばどんな夢もかなうんだ。

自由に羽ばたける大空。
澄み切った空気。
好きなだけ飛び回るのさ!
気持ちいい風にのって・・・。

疲れたら、こんなすてきなベッドで休めばいい。
私たちをおびやかすものは何もない。
ぐっすり眠れるよ。

目を覚ませば、美しい世界が広がっているんだ。
おいしい水と木の実と果物がたくさんあるよ。
仲間たちが楽しくさえずり歌っている。

どうしたら行けるのだろう?
誰か知っていたら教えて・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
気に入ったら押してね!
[PR]
by pinoco_m | 2008-06-08 19:02 | ●マイイメージアート
君の面影
b0133924_1854288.jpg
君は僕のもとから去っていってしまった。

自由になりたいと。

空っぽの部屋が、現実を突きつける。

君の声やぬくもりは、いつか時がたてば薄れてしまうのだろうか。

僕はまだ受け止められずに、君の面影を探す。

この空は広すぎて、
僕がどんなに手を伸ばしても、どんなに叫んでも、
もう届きやしないのに・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ
気に入ったら押してね!
[PR]
by pinoco_m | 2008-06-07 21:49 | ●マイイメージアート
草木も眠るうしみつどき・・・
b0133924_19172818.jpg
カエルのボクは、こわがり。
特に夜が怖い。
今夜はカラスが奇妙な声を上げている。
でも小腹が空いて眠れやしない。
よし、食べ物を探しにでよう。

b0133924_19164741.jpg
問題はアイツだ。
最近庭に越して来たアイツだ。
庭の玄関前で門番をやってるらしい。
小太りで青白い顔していつも同じポーズだ。
いつもニヘラっとうす笑いを浮かべてやがる。

b0133924_19182754.jpg
あ!やっぱりまだアイツがいる。
これじゃ怖くて前を通れやしない。
今日も断念!


ブログランキング・にほんブログ村へ
気に入ったら押してね!
[PR]
by pinoco_m | 2008-06-06 19:21 | ●かえるのトムシリーズ
こんなところに・・・
b0133924_19173479.jpg
ニャ、ニャロメっ!?
ビルの壁面の送水口にへばりついているところを、激写しました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
気に入ったら押してね!
[PR]
by pinoco_m | 2008-06-05 19:20 | ●ピノコのピッ
心の扉
b0133924_16244050.jpg
傷ついている君がいた。
だけど君は平気をよそおっていた。

b0133924_16252091.jpg
心の奥はもっと傷ついているのに。
君は心の扉をひとつしか開いてくれない。

あとは鍵がかかったまま・・・。

ボクじゃ力になれないかな?



ブログランキング・にほんブログ村へ
気に入ったら押してね!
[PR]
by pinoco_m | 2008-06-04 16:28 | ●ピノコのピッ
フォト絵本/雨のメロディ 6/5更新!ついに完結copyright pinoco
b0133924_20184219.jpg


b0133924_20185768.jpg
あるところに、長いこと誰も住んでいない
素敵な洋館がありました。

その洋館は不思議なことに、雨の日になるときまって、
ピアノの音が鳴りだすのです。

そのため、みんなは気味悪がってあまりこの洋館に
近づきませんでした。


b0133924_20212645.jpg
この日も雨でした。

ポローン、ポローン・・・ポローン。
やっぱりあの洋館からピアノの音が・・・。

私はピアノを鳴らしているのが誰なのか
確かめたくなりました。

b0133924_20244863.jpg
玄関はやっぱりいつものように鍵がかかっていて、
ピッタリ閉められています。

私は裏へ回りました。
運よく鍵がかかっていないところから
中へ入れました。

b0133924_2027617.jpg
おーい、誰かいますか〜?


シーン・・・


長い廊下がうす暗く続いています。
私はおそるおそる中へ進みました。


b0133924_13321486.jpg
すると、ピチャーン、ピチャーンと
水が跳ねるような音がします。

水場の蛇口をのぞいてみましたが、
どうもここではないようです。

さっきの音は何だったんだろう?

b0133924_13472181.jpg
別の部屋に入りました。

ここは応接間だったのかな?

時計は、11時41分で 時が止まったままでした。

b0133924_13491768.jpg
さらに奥に進むと、
明るい窓辺のある部屋にきました。

おや?
白いカーテンの向こうに 何かある・・・。

b0133924_14105531.jpg
カーテンをめくると、どうでしょう!
そこには、かわいらしいおもちゃのピアノが現れました。

あのピアノの音は、ここからしてたんだ・・・。

b0133924_1412838.jpg
ふと目をやると、窓が少し開いていました。
ん? 床には水滴のついた足跡が・・・。

ここから誰か入ってきてピアノを鳴らしていたんだな。

私は戸棚の後ろへ身をかくしました。
また戻ってくるかもしれない・・・。

しばらく時間が経ち・・・
ピアノがポローン、ポローンと鳴りだしました!

b0133924_132127.jpg
あ! 思わず声をあげそうになり、私は息をのみました。


おそるおそる戸棚のかげからのぞいてみると、
なんとカエルがピアノを鳴らしていたのです。

b0133924_1335120.jpg
カエルは ピアノをひき終わると、
しばらく窓辺から外を眺めてました。

心なしか その表情はさみしげでした。


b0133924_1344129.jpg
そして、草木の陰へと 消えていったのです・・・


あとから風のたよりで聞いたのですが、
あの洋館には昔、ピアノが上手な女の子が住んでいて、
カエルはそのピアノを聴くのが大好きだったそうです。

女の子が引っ越すときに その子は庭に住んでいた
このカエルに、おもちゃのピアノを置いていったそうです。


それから雨が降ると、カエルはここにやってきて
ピアノを鳴らすのだそうです。


b0133924_1354267.jpg
また あの子が戻ってきてくれないかな、と。




ブログランキング・にほんブログ村へ
気に入ったら押してね!
[PR]
by pinoco_m | 2008-06-02 20:30 | ●雨のメロディ(絵本)