別世界
むし暑い昼下がりの午後。
時には、普段近づかないところへ足をのばしてみよう。
一歩足を踏み入れると、そこは別世界だった。

b0133924_1458999.jpg

さわさわさわさわ。

風で葉っぱがゆれる音。
たったそれだけの静寂。


b0133924_14585958.jpg

さわさわさわさわ。

上を見上げれば天高く竹がそびえ立つ。
その隙間からまばゆい光が 私のいるところまでこぼれ落ちる。
まるで自分だけせわしい世の中から取り残されたかのよう。



b0133924_14592993.jpg

今ではこの辺りでもすっかり竹林が減ってしまった。
子供の頃、春になると近くの公園の竹林に
母親とタケノコ堀りにでかけたものだ。
そこも今ではすっかり整備されてしまい、竹林は姿を消してしまった。
ここもいつかはなくなってしまうのだろうか・・・。



b0133924_150573.jpg

ふっと我に返ると、
あぶらぜみのせわしい声が聞こえてきた。
竹林からでると、また太陽がギラリ 強い日差しを照りつけていた。




b0133924_1503716.jpg
          おまけショット:竹撮り物語        


ブログランキング・にほんブログ村へ
気に入ったら押してね!
[PR]
by pinoco_m | 2008-08-14 15:05 | ●ピノコのピッ
<< クレヨン / フォト絵本 凛として >>