ゴメンナサイ
b0133924_180237.jpg

ゴメンナサイ。
誰かに謝られた気がした。

振り向くと、扇風機がうなだれていた。
ぎょっとした。
時刻は夜中の1時すぎをまわっていた。
台所で新聞を見ていたときのことだった。

え?え?なんで謝るの?
君はなんにも悪くなんか・・・
心の中で言いかけて、ハッと今日のことを思い出した。

昼間、母から怒られていたのを私は見ていた。
もぉ!この扇風機、勝手にタイマーになって止まっちゃうじゃない。
どおなってんの?

そして夜も父から怒られていた。
タイマーなんかしてないのに何で止まるんだっ!
タイマーもいうこときかないのか。

そうだったのかい。君はそれを気にしてたのかい。
扇風機が急に愛おしくなった。
いいんだよ。君はよくがんばってるじゃないか。

この扇風機、ピノコが生まれた年に我が家にやってきたと聞いた。
かれこれ数十年、我が家で唯一ピノコと同級生なのである。
言ってみれば、同じ屋根の下で苦楽を共にしてきたのだ。

だから、だからお願い。
これからも我が家にさわやかな風を送り続けておくれ。
ちょっとぐらい調子悪いときだってあるさ。
君が役目を終えて去っていくのは寂しすぎる。
いつもそこにいてくれることを当たり前に思っていた。
はじめて扇風機の気持ちを知った夜だった。

翌朝、ふと扇風機に目をやると、
何事もなかったかのように、上を向いてさわやかに風を吹かせていた。
私はフッと安心して、会社へと出勤したのであった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
気に入ったら押してね!
[PR]
by pinoco_m | 2008-07-15 18:02 | ●ピノコ’Sストーリー
<< 三人兄弟 はやくはやくっ!! >>